がん対策:「死亡率20%減」 県計画案固まる--09~12年度 /奈良

がん対策:「死亡率20%減」 県計画案固まる--09~12年度 /奈良

管理部門では、県は決定が遅れていた「県のがん対策販促計画(考え)」(09–12年度)を一緒に、持って来ただけです。 癌の死亡率を減少などにさせることなどの目標は県について評価します。(それは’20%の10万人への07は)設定されるところ’の87.5です。 それは決定がありましたが、下に年度2007の終わりの周りで総合的がん対策の基本法則に基づいているがん対策を進めるために義務付けられた状態で置かれました。 【Ryosuke Abe】

- それは喫煙レート減少を目的とします。07年の県の癌死亡料金は3857人です。 死亡合計における癌の割合は32.4%です、そして、全国平均の30.4%は超えられています。 県の肺や、胃や、大腸などの5の大きい癌の収縮(収縮)が4459人であるという見積りの数。
計画案で、明確に県の役割のなどの県、医療機関、および住民について説明して、県の病院の治療成績などは公共になりました。 2ポイント(癌患者と家族の癌死亡率、苦痛な減少、および回復寿命の改善における20%減)は全体の目標として掛かりました。 各分野では、それが喫煙率(年度2007の39.3%と女性の7.7%の男性)での減少を目的とします。 胃癌のため癌の診察受診率は26.5%です、そして、18.7%のなどと肺癌による全国平均の下に落下します、そして、これは50%に改良されます。
それはそれが南調和医療の球で規定要求事項を満たす病院が全くないので、5つの病院が県の中でtherapysの大黒柱になる「地方の癌の診療のための基地の病院」に指定されますが、維持は調べられます。 ベース病院は訪問看護ステーションなどに協力します。 , そして、また、在宅医療を支持する状況維持は、高度です。
県は5の大きい癌の治療成績を県の病院に調査します。 41 答えがある病院の結果は計画案に説明されました。 多くの結果が、yorodu相談場所(Tenri市)*国民健康保険中央の病院(田原本町)と県の癌の診療ですが、それは特に、奈良の県の奈良病院(奈良市)*市中病院(同じくらい上で同じ)*chikadai奈良病院(生駒市)*天理における5ベース病院のためのベース病院の県の薬の重病アカデミー(柏原市)です。
計画案は、県のホームページの上で公表されて、10月の終わりに決められます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ツムラ(4540) 治療満足度の低い「がん領域」と「認知症領域」における存在感が増す。(岡三証券) »
« 乳がん検診に行こう