乳がん検診に行こう

乳がん検診に行こう

日曜の18日、5か所で受診可
それは、10月に早期発見の重要性と乳癌の治療について考える「県のピンクのリボン月」です。 県の診察受診率に関して、20%のレベルに滞在しています、そして、相談を押すさまざまな啓発出来事が開催されます。
乳癌は約20の日本の女性ハングにおけるその1人であると思われます、そして、県の健康な改良部によると、乳癌で県の中で死んだ女性の数は122人と共に年度2006と143民族年度2007を増加させました。 国は、40歳か、より多くの女性の乳癌診察が2年に一度受けられることを勧めています。 受診率。年度2006年度2007年度2008滞在してください。県。終わってください。狙います。仮定します。まだ。開いてください。

ポイントが受診率が平日に伸び悩んでいる理由の1つへの女性労働者のどんな相談のためも容易にありません。 したがって、18日日曜日にNPO法人「J. POSH(日本の乳癌ピンクのリボン運動)」(事務局と大阪市)に受け取られていた状態で胸部X線写真診察があった全の国と呼ばれました、そして、200を超えていた医療機関は、同意しました。
それは診療所(鹿児島市)パース通りであるはずがありません。秋、同じ日の*生駒外科の病院(指宿市)の*について。 県とそれの*は5つの医療機関による医師に相談するのにおいて可能です。集まり診療所(同じ都市)*たんぽぽ診療所(鹿屋市)*金子病院(串木野市をichikiします)。 賃金、先願が必要です。
J. POSH事務局「私は、この機会に関して明確に医師に相談して欲しいと思います。 日曜日に診察実行に同意する医療機関も、それを募集しています。 」それは呼びます。 問い合せ: この事務局(06・6910・2900)に。
そのうえ、「鹿児島の2009年のピンクのリボン」は25日の鹿児島市の中央の公園で開かれます。 検診車による相談されて、進行の来るのと3000年のホールへの医師が切望するという(人々の数は、制限されて、存在しています)ことであることができる角があります。 そのうえ、この公園の周りでそれが診察の必要性を求めながらそれとして歩く「ピンクのリボン散歩」をします。 それを7キロと2キロぶらつく3つのコースがあります、そして、中学生の一般的な500円、および100円下に入会手続料があります。 20日までに適用するのが、必要です。 問い合せ: 特定非営利活動促進法の人のピンクのリボンか縞(099・222・8787)に。
-

早期発見で、また、自分で触れているので、診察だけではなく、ケースも認めています。 90%の生存率を予想できるかどうか理解していると言われていて、2センチメートル(円が宝石をちりばめさせる1つのサイズ)以下の塊で見つけられるなら、それは定期的に自分で触れています。 「診察とセットによる自己チェックをするのは、望ましいです。」と、県の健康な改良部は話しています。

(60) それが50歳と55歳のときに乳癌患者協会tsudoiの代表「和泉」に受けた山のouyoshiko「また、苦しんでもエネルギッシュに我慢強い協会で行動している女性が、多くの外観を見るなら、また、信用は起こります。 まず単独の心配のない相談」それは話します。
(2009年10月16日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策:「死亡率20%減」 県計画案固まる--09~12年度 /奈良 »
« 野口医学賞に菅村氏 宮城県立がんセンター総長