野口医学賞に菅村氏 宮城県立がんセンター総長 

野口医学賞に菅村氏 宮城県立がんセンター総長 

(64)=が本年度に素晴らしい医学研究に与えられたHideyo野口記念薬の賞(Hideyo野口記念協会後援)の勝者として選ばれた宮城の県のがんセンターsonkazuoの免疫学すげの社長。 31日に東京で式典をします。
得られる研究達成は、免疫機能が本来台無しにされる「Xチェーン重症複合型免疫不全」の原因遺伝子の発見と病気の機構の外観の明確化です。 何万人もの人々という1人は展開しました、そして、早期診断法は確立されました、そして、大部分は、1歳未満と死にかかっている病気でしたが、遺伝子療法への道路は広げられました。
すげの村: 勝利に関して。 「長年の努力は認識されます、そして、それを歓迎します。 国際大会における困難がまた、ありましたが、臨床に導く結果を出して、私は非常にうれしく思います。 」それは話します。
すげの村による長崎県の佐世保市が東北大学大学院薬のシステム研究科を来て、完成するということです。 それは今年の4月からの京都の大きいウイルス実験室の助教授、東北大学大学院薬のシステム研究科の長さ、および東北大学の副学長を通した現職です。
この賞は1957年の細菌学者とHideyo野口の業績を記念して設立されました。 それは細菌、免疫、および伝染病などの医学研究に提示されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診に行こう »
« ピンクリボン 乳がん体験詩集に紡ぐ