厚労省、子宮頸がん予防ワクチンを承認

厚労省、子宮頸がん予防ワクチンを承認

若い女性に増加した子宮頸(Kei)癌を予防したワクチンは、16日の厚生労働省によって承認されました。
製薬会社では、それが早いなら、販売が1年の中に始まると予想されて、約14 10–歳の女性は、歳が3回それを予防注射することを望んでいました。
専門家と患者団体は成長した後に、定期的な診察がワクチンの普及としてセットで呼びましたが、3万円以上予想されたワクチン接種費用に関して「普及のための外国のように国に責任を負って欲しい」という要求を長さの妻のHealth大臣に提出しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


英グラクソの子宮頸がんワクチン、厚労省が承認 »
« 英グラクソの子宮頸がんワクチン、日本に続き米国でも承認