英グラクソの子宮頸がんワクチン、日本に続き米国でも承認

英グラクソの子宮頸がんワクチン、日本に続き米国でも承認

また米食品医薬品局(FDA)が持っていた、はっきりさせられたイギリス人グラクソスミスクライン(GSK.L: 株価、企業情報、およびレポート)が、子宮頸(Kei)癌ワクチンを承認した、「Sa-barikkusu、」 16日の日本で厚生労働省に続きます。
今回認められている合衆国のワクチン接種物は10です。 ─それが1年の中に25歳の女性でそれを予防注射するのが可能にされました。
FDAは9つの米国のこのワクチン「Ga-dashiru」またメルク(MRK.N: 株価、企業情報、およびレポート)でもあります。 ─男性への26歳のワクチン接種は認められました。 このワクチンは2006年に合衆国で既に承認されました。
2つの会社のワクチンは子宮子宮癌を引き起こすヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染予防を目的としました。
記事の企業に関する関連情報に関する各コードをダブルクリックして、見てください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


厚労省、子宮頸がん予防ワクチンを承認 »
« がん患者・支援者が募金イベント リレー・フォー・ライフ