子宮頸がん:ワクチン「11~14歳優先に」

子宮頸がん:ワクチン「11~14歳優先に」

日本産科婦人科学会などの関連する社会は国での販売が16日に承認された子宮頸(Kei)癌予防ワクチンに関して「優先的にそれを11歳の少女、14歳まで予防注射することが強く勧められたこと」がある声明を発表しました。 それは費用が国への公共の負荷であると仮定するという要求にはっきりさせられました。 ワクチンがあった、「Sa-barikkusu、」 グラクソスミスクライン社、およびその日のうちに正式に承認された厚生労働省について。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者・支援者が募金イベント リレー・フォー・ライフ »
« 子宮頸がんワクチン、年内にも発売