子宮頸がんワクチン、年内にも発売

子宮頸がんワクチン、年内にも発売

厚生労働省がワクチンの製造販売を承認した、「Sa-barikkusu、」 それは、16日に子宮頸(Kei)癌を予防しました。
メーカーのグラクソスミスクライン社は、1年の中にこのワクチンを市販します。
子宮頚の癌ワクチンの承認は国内の1番目です。 70パーセントのウイルス感染のための2種類のそのアカウントは予想されます。ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の中でそれを防ぐのに情報を得るのが、可能であることが子宮子宮癌を引き起こします。それはそうです。メイン… しかしながら、費用40,000?ワクチン接種のワクチンに必要な3回、および約6万かかるExpectationは円ですか?
子宮子宮癌征服圧を目的とした専門家会議などのような日本産科婦人科学会や4つのグループなどの3つの社会が、無料のワクチン接種を11まで要求するために声明を出します–同じ日の政府からの少女14歳のなど。
(2009年10月17日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:ワクチン「11~14歳優先に」 »
« 乳がん早期発見へ体験キャラバン/弘前