乳がん早期発見へ体験キャラバン/弘前

乳がん早期発見へ体験キャラバン/弘前

健康な社会が後援した特定非営利活動促進法人の胸、農業者ノバルティスが特別番組を支持した「ノバルティスの胸部X線写真経験キャラバン」は、16日に弘前支店で中学学校の3年で出来事を開催しました、そして、それは無料で胸部X線写真(胸のレントゲン写真撮影法装置)を備えているバスでそれを調べました。 乳癌患者協会、また、弘前市立病院の患者で構成された「それは微笑みネットワーク(Toshiko Akaishi代表)であったこと」は、ホールでピンクのリボンを動かして、乳癌早期発見と早期治療の重要性は呼ばれました。
早期発見の重要性と乳癌の定期的な診察を知っても、経験キャラバンは2006年以来の全の国を回っています、そして、今回は、県が訪問された1回目です。
27 無料の診察は医師に相談します。 そのうえ、パネル展示会と物質分布をしました、そして、女性がスタッフの説明を聞いて、買い物をする足を止めて、アンケートとクイズに答えながら、乳癌診察に分かるのを深めました。
そして、微笑み、また、ネットワークのメンバーはスタッフと手作りのひもが分配されているとき、キャラバンを助ける側のように動きオリジナルを発生します。 Akaishi代表「願望である動きを達成します。 それは、そのような可能性をさらに高めて、早期発見の重要性と早期治療を多くの人々に言いたがっています。 」それは熱心でした。
このinnyuusen外科のyoedaka長谷川の長さ「また、死亡率も高く、進歩をした後に、青森県の診察受診率は30%と全国的に高いのですが、それはしばしば発見されます。 定期的な診察を求めるのが自己診察の啓発に通じて、女性は彼女の身体に関心があるなら」そして、解決した、期待は置かれました

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン、年内にも発売 »
« 夜空にピンクの光 乳がん「早期発見を」