乳がん早期発見へ18日「日曜検診」

乳がん早期発見へ18日「日曜検診」

この県の女性の乳癌死亡率は高いです。 追いかけられたその存在であり、医師に相談する時間を保証できないで、平日の胸部X線写真点検(胸の画像診断)でありバックグラウンドには仕事の後ろで早期発見を遅らせて、家事があると予想されます。 乳癌啓発の市民団体「NPO法人J. POSH(日本の乳癌ピンクのリボン運動)」は、胸部X線写真の18番目と日曜日に診察を実行します。 この県に、3つの医療機関が参加します。
この県の乳癌死亡率は、人口の人々の100,000 2007年間の20.6であり、県の健康衛生課によると、全国を通じて大部分です。 08が何年間も5番目に同様に全国を通じて20.3人と共にあります。 年度2007の診察受診率が他方では全国平均の14.2%を27.1%超えていますが、それによる「受診率75?80%の欧米から遠くに達しないのは、現状(J. POSH)である」という前述であり、ことです。
青森市の桂木診療所の指導官が説明するitoutaku、「乳癌の攻撃率は、40代に30から増え始めて、45歳のときにピークを直視します」。 「40代の30は平日に商用で忙しいです。 それが場所が全く子供が一時保たれるところにない距離で保たれる要素の1つ」それはそれを指摘します。
啓蒙的な活動が権利を与えた乳癌、乳癌死亡率が増加する傾向にあります、そして、「日本胸部X線写真サンデー(JMS)」は18日に全国的に本年度に初めて、実行されます。 通常、それが受診率の改良に同意した全の国の医療機関は乳癌試験が相談できたという機会をインストールしました。休診する日曜日の医師。
それが桂木診療所であり、喜田村診療所mutsuが女性診療所であり、弘前は、この県から参加するMedicalセンターです。 ディレクターの伊藤「乳癌は治る病気です。 それに、早期発見は重要です。 」それは積極的な相談を求めました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


夜空にピンクの光 乳がん「早期発見を」 »
« 甲府でがんフォーラム 医師ら討論