甲府でがんフォーラム 医師ら討論

甲府でがんフォーラム 医師ら討論

県のガン医学環境の改善を狙っている「規則」設立「山梨ガン・フォーラム」(読売新聞甲府支社を含む支持)がおさえられたよう要求するために声に関しては、県は九川(第17の甲府市)の手紙学校を包みました。

 がん患者の支援グループで作る経営委員会は、それを後援します。今年第3において、基調講義とパネルディスカッションは、協力建設(例えば患者、管理、医療機関)のテーマの下で実行されました。

 パネルディスカッションに、医者と県福祉健康管理部の9人のスタッフは、出席します。県のためにガン規則の設立を捜して意見と関係する人々の間のコミュニケーションが無いために訴える意見は、現れました。そのうえ、「県のガン基準は全国でした、しかし、内部の底がありました」、そして、厳しい徴候はします。実行委員会の議長ナオコ・ワカオは、「県の全部の住民は、より多くのガンに興味がありたかったです」と言いました。

(2009年10月18日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん早期発見へ18日「日曜検診」 »
« 厚労省 DPP-4阻害薬、子宮頸がんワクチンなど18品目を正式承認