中外製薬 抗がん剤アバスチン 日本で乳がんの効能追加申請

中外製薬 抗がん剤アバスチン 日本で乳がんの効能追加申請

私は、中外製薬が10月16日に第15の上で厚生労働省で大腸がん治療薬ABBAチンの乳がんへの影響さらなる志願を実行すると発表しました。アプリケーション内容は進展の主要な処置によってタキサン系のような化学療法と共にそれを使います/再発はガンを胸に受けて、それを使います。女性(胸)のガン愛情の人々の数のために胃大腸であると考えられるように、第3の場所で、第2のものは最初の場所を置きます。この影響追加が承認されるならば、ABBAチンは女性の1、2の最高のガン桁のための治療薬になります、そして、さらにupsizingすることは予想されます。

私は、3月07日の2月08日に、ヨーロッパの米国で、ABBAチンの乳がんのために、徴候を得ます。エージェントは08年全部の年に世界中至る所でおよそ5000億円の利益を上げました、そして、これらのうち、乳がんは40%を持ちました。最も多くのままであることは、大腸がんの売上高と呼ばれています。日本の08年の売り上げ高は、201億円です。

私は、国内の化学療法無処置の進展/およそ120の再発乳がん患者のために、2つの段階試験結果と3つの海外段階試験結果によってこの影響さらなるアプリケーションを日本で実行しました。国内の第2相の詳細な結果は非出版です、しかし、効果は確かめられます、そして、それが海外試験に耐えられる標準であることが耐性に関しては提案されたと言われます。私は、今後は社会を発表するつもりです。日本の新しい乳がん愛情の人々の数は年々増加します、そして、10年の新しい患者が45,000を超える評価があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


厚労省 DPP-4阻害薬、子宮頸がんワクチンなど18品目を正式承認 »
« がん克服へ初フォーラム