がん患者支える活動広がれ ホスピスボランティア

がん患者支える活動広がれ ホスピスボランティア

癌の患者を柔らかくするパリアティブ・ケアが、痛みと不安であり、心を支えます。 看護師以外に医師とホスピスボランティアがサイトの重要なチームのメンバーであると思われますが、数個がtakashijinで県の盛岡市の病院(Toshihiko井筒ディレクター)を活動させるだけです。 活動の円は容易に広がっていません。 ボランティアの役割に関して、普及のためのアプローチは癌患者の人生と人生(生活の質はQOLと等しい)の品質の進歩から大いにさらに要求されます。

盛岡市の内部の銀行町のFumikoスガ(68)は、6月に= その時、(74) takashijin病院のottokiyohikaの緩和ケア病棟の=の世話をしました。 「それは新たな死でした。もっとも、孤独でした。 それは緩和ケア病棟でそれを救うことができた心を好きでした。 」それは話します。
家のKiyohikaとFumikoは区のラウンジの紙のかぶと、およびほおのwaraを着ます。むけてください。写真は飾り付けをされます。 紙のかぶとはボランティアに教えられました。 「茶会は開かれます、そして、童謡は歌われます。 それは本当に幸福であるように思えました。 」それは振り向きます。
緩和剤のユタカのサブ担当役員が「患者と家族は世間話をできる医療人ではなく、そうする存在でさっぱりします、そして、QOLは改良されました」と言って、活動の結果に関して話すのを気にかけるusuki。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん早期発見大事 福島・西郷でピンクリボンフォーラム »
« 小児癌(がん)生存者の多くが健康な赤ちゃんを出産