ピンクリボンがん講演会

ピンクリボンがん講演会

青森バージョンで連載されて、「それは、したがって、多くを知っていた癌の話でした」に連動する「ピンクのリボン癌の講演会」は、17日に開かれました。

長谷川が治療する弘前市立病院の乳腺の手術のyoedaが乳癌月の間テーマとして広く「乳癌の診察からの処理」に従った乳癌について講義したのは、最初にさらに、写真と等しいことです。 二次的に、弘前大学コースの医学部の公衆医学の道路の重いkore教授は、テーマとして「癌の防止」でそれについて講義します。 そして、また、シンポジウムが絶え間なくあった、乳癌患者協会のToshiko Akaishi代表に伴う、「それは微笑みネットワークであった」、ローカルの他についてそれが癌患者と家族が成立したという心配に関して話しました。

際立たれている講師構成から礼儀正しい返事でメモを取るために、「HER2(雄ジカ)タンパク質が暗かったときに、もっともあなたが陽性に変える(それは癌細胞の増殖に関連しました)力は診断されましたか?」などがまた、約100人が参加したホールと外観のため鋭いという質問がありました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児癌(がん)生存者の多くが健康な赤ちゃんを出産 »
« ピンクリボン 山田邦子さんら語る/神戸