がんの痛み我慢しないで 緩和医療へ理解呼び掛け

がんの痛み我慢しないで 緩和医療へ理解呼び掛け

癌は2人の日本人というどの1人に苦しむか、そして、3人という1人は死にます。 患者の70パーセント以上が痛みに苦しむと思われます。 改良を目的とした「その分野の花のプロジェクト」が、県の家族の患者のQOL(生活の質)の中で岡山を始めました。増進… 動きがそんなに司会されていた状態で、和らげられて、そのようなpainThe目的と活動が薬、歯医者、および薬局統合の岡山大学大学院部の教授(パリアティブ・ケア研究)が研究するmatsuokajunnaoに尋ねられたというパリアティブ・ケアは勢いよく流れます。
「すべての癌患者が痛みから解放される」癌のように1986目標世界保健機関(WHO)で発表されて、痛んでください。それ、浮遊物と治療指針、)、(医療のためのドラッグがある痛みのモルヒネ.. ..theなどの..the除外は打ちます…; それが分かるのにおいて可能であるかどうかが、しかしながら、これに従って. パリアティブ・ケアのアプローチを扱うのがいつ後の日本で遅れるか、そして、20年間以上の痛みの90パーセントへの減少であると思われます、そして、医療のためのドラッグの消費は先進国で最も低いレベルに残っています。それはなぜそうですか?

「それが回復しながら集中する医師が、なる傾向があって、痛みを取り除く、それ、その人が緩和剤をするべきですが、2と3の以下の横で癌の治療と平行して気にかけてください、」 「教授」 マツオカはそれを指摘します。
また、バックグラウンドには患者はだれに面があるかに「それに耐えているなら、痛みは決着すること」が間違われて、作るのにおいて少しも可能であるのが苦痛でないかがそれは考えと医師との関係が上手であると言われないという問題が容易にあると言われています。 「それに耐えても、痛みは向上しません。 苦痛を感じるとき、私は、医師と看護師に明確に上告して欲しいと思います。 」それは呼びます。
「ドラッグ依存症になってください」や「終わりに使用された薬」などについても医療のためのドラッグへの誤解と偏見があります。 岡山大学病院(岡山市の北区shikatamachi)で癌患者を支持するパリアティブ・ケアチームのリーダーであるマツオカ教授も「医療のためのドラッグが人の痛みを持ち去るのに使用されても、それは汚染されるようになりません。 それは癌の初期段階にしばしば使用されます、そして、終わりであるので、それは使用しません。 」それは説明します。
プロジェクトの経営委員会は岡山、倉敷、津山、および間庭市で医師の岡山大学病院を主に構成します、看護師、薬剤師、患者団体、そして、などUnderstandingをパリアティブ・ケアに看病すると関連する人は県と医療雇用の住民に上告されます、そして、普及は目的とされます。
県の住民に人のコートを引くホームページ( http://nonohana?okayama.org )が、今月の始めに確立されます。 医師が癌の処理などについて説明した「岡山の医学のカフェ」は11日に倉敷市への商業施設で開かれました。
未来の(県の要求の住民と、10人々と20毎の人々の小さい講演会のくい打ちと、患者と家族から応じるのに従った痛みの相談にも講師の発信)を計画してください。 **はkoです。サブ、子宮癌と胃癌を克服して、一生懸命働いている女優のNishinaは特別講演の講師に招待されて、市民公開講座は11月8日に岡山市で公開されます。
岡山大学は、今年、4月に大阪大学で2番目に国立大学で続くパリアティブ・ケア研究コースを設置します。 医大生の教育に堪えるマツオカ教授「それは、草によって知られていたパリアティブ・ケアに分かるのをルーツにして、患者から医療人まで上告したがっています。 私は、癌をもう少し知って欲しいと思います。 」それは尋ねます、そして、県の住民と呼びます

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン 山田邦子さんら語る/神戸 »
« 乳がん患者のための情報共有サイト開設=英GEヘルスケア