中外製薬、抗がん剤「アバスチン」の乳がん適応を申請

中外製薬、抗がん剤「アバスチン」の乳がん適応を申請

中外製薬が、彼らが厚生労働省への効果追加を承認のアプリケーションにしたと抗ガン剤に関する16番目のための乳癌に発表した、「Abasuchin、」 Abasuchinは2007年6月に日本で市販されます、そして、現在の適応がある、「回復が進歩とぶり返しのコロンと直腸癌であるかもしれない、物品税、」 「非小細胞肺癌の効果添加は中で申し込まれて、11月、’08、および調整が国内外で乳癌に広げられるということです’、」 乳癌の調整は、合衆国で2月のヨーロッパ、’3月の08′、07で承認されて、進歩の一次治療とぶり返し乳癌として使用されます。’ それが国内で国内外で実行した第2の面臨床試験では、日本人患者の有効性は確認されました、そして、shino**が海外の試験と対等のレベルであると示唆されました。
医療/人生

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


国立がんセンター東病院:日曜日に初診外来 仕事盛り、子育て世代に配慮 /千葉 »
« 乳がん:ピンクの金魚、シンボルに 早期発見、治療を啓発--柳井 /山口