琵琶湖ピンクリボンフェスタ:「乳がん検診を」患者ら呼びかけ--草津 /滋賀

琵琶湖ピンクリボンフェスタ:「乳がん検診を」患者ら呼びかけ--草津 /滋賀

早期発見の重要性と乳癌の治療がイオンで開かれたので、上告された「琵琶湖のピンクのリボンフェスティバル2009」は、18日に草津市の新しいHamachoの草津をひもで締めます。 無料の診察と講演会がありました、そして、また、**[ほら穴に住んでください; yukiko]という知事は買物客にパンフレットを手渡しました、そして、それは診察を求めました。
医療関係者から患者団体でそれを作る実行委員会に後援している、「Daybreak滋賀、」、県のなど , そして、今年の4番目。 ホールはショッピングセンターに動かされました、これまでホテルに行きましたが、「乳癌に考慮を持っていなかった人に学んで欲しいです」と言って。 **ほら穴に住んでください。それに挨拶した知事が、自己の胃癌の経験に触れます。 「問題の人が自然にならないなら、防止と診察は進みません。それ。 早期発見と早期治療は接続します、そして、家族、領域、およびすべてのオフィスが幸福につなげられます。 」それはそれを強調しました。
塊を再生させた胸のモデルはさらに表示して、80人が超音速波と胸部X線写真で診察を受けて、女性客がこの日におもしろい状態で感動的であったということでした。 彦根市の主婦と北川清見(42)は娘(23)と2人の孫について雑談しました。「それが癌であるかどうかは、自分で理解されません。 これを知っているのを知らないのは、異なっています。 」それは話しました。 Yasushidai Nakamoto。【.. 】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん:ピンクの金魚、シンボルに 早期発見、治療を啓発--柳井 /山口 »
« 元祖スーパーモデルの顔のホクロが癌に?