がん治療認定医制度で初の報告会

がん治療認定医制度で初の報告会

10月17日の2006年に始まった後に、日本の癌の処理認識薬のメカニズムは、国立がんセンターの国際的な研究交換ホールにおける最初の活動報告協会を開催しました。 始めに、Kozoイマイ理事長は、5962人の「癌の処理認識薬」が12月へのメカニズム設立、’国内で3つの試験による06′から生まれたと報告します。 「それはこれが患者が本当に役に立つ、形成する更なる増進であることをなりたいです。 私は欲しいです。各界の人々から話を得て、参照してください。 」それはそれに挨拶しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんフォーラム:連携の重要性議論--松山 /愛媛 »
« 薬食審・第二部会 シェリング・プラウの抗がん剤の剤型追加などを了承