薬食審・第二部会 シェリング・プラウの抗がん剤の剤型追加などを了承

薬食審・第二部会 シェリング・プラウの抗がん剤の剤型追加などを了承

薬のkushinと厚生労働省の2番目の薬の部会はシステム抗菌薬がmeropenするタイプ添加と大日住友薬が10月19日にシェリングpurau(一般名: temozoromido)(meropenemu)の抗ガン剤temoda-Ruの注射剤に製造しているこのzaiのkarubapenemuの調整添加などを承認しました。 把持スケジュールが12月に薬事審議会を通してテール薬によって正式に承認されると予想されます。これまで、カプセルがあります、そして、temoda-Ruの調整は悪性の神経nikawaです。 吐き気のなどが見られたので、注射剤はこの病気の兆候に加えられました。 それはすべてのサンプル調査を承認の状態に義務付けました。 Meropenは熱の発生と良い内面のボール減少シンドロームの調整を加えます。 大人の最大投与量は3日g(現在の2g)でした。熱の発生の調整を持っているitAs抗菌エージェントと良い内部のボール減少シンドロームと共に、反バクテリアSpectrumは広いです、そして、それがあります。ブリストルマイヤーズのセフェム系反バクテリア薬のmakishipi-ミューがありますが、また、幼児がmeropenのシステムがzaiと比較したkarubapenemuでそれを使用できるのは、特徴付けられます。
摘出がそれであったならばできないで、平坦な表皮癌を除いて、中外製薬(ベバシズマブ(遺伝子を組み換えられる))の抗ガン剤abasuchinで承認された進歩とぶり返しの非小細胞肺癌の調整添加。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療認定医制度で初の報告会 »
« 「子どもホスピス 日本にも」