「子どもホスピス 日本にも」

「子どもホスピス 日本にも」

い病気を保持した子供と看病し続けた家族を養った「子供のホスピス」に理解を深めたセミナーは、都市で大阪市北区の中央の公会堂で開催されました。 それは日本にまだありませんでした、そして、世界で初めてイギリスにそれを設立した女性が、施設で約700人の聴衆に重要性に懇願しました。
経営委員会にそれを後援すると、それは健康に関連する国へのホスピス設立を目的とする、医師、大学教授、および人々から利かせます。
子供のホスピスは、1982年の世界で初めてイギリスとオックスフォードの確立した「ヘレン家」であり、実行委員会によると、その後、ドイツ、カナダ、およびオーストラリアなどに達しました。
それは、この家でミュージックルーム、温水プール、および車椅子を競争するのが、可能であるように、広く、長い廊下と遊具などに供給されます。 , そして、セミナーでそれについて講義した創設者の姉妹フランシスドミニカ共和国に従った数日間のあるときの300家族に関する年の滞在。 医師と看護師がチームを結合させることが示されて、それはパリアティブ・ケアのサポートと家族と苦痛を和らげる遺族を引き受けます。
それがいつにできたかが、回復とsutameに来るかどうかを選んで、説明されて、看病する疲労を強調しました、そして、フランシスは子供と共に家族で滞在したか、「施設はそれが子供の幸福を大いに経験して、深く生きるのを助かった場所です」。

また、「余地は孤独になる傾向があった心で生まれます。」と、長男(9)が重度の脳障害のためこの家を使用していた日本人の女性は話しました。

フランシス、小児科医、およびホスピス・ナースは、この後、それについて議論します。 議論は日本への設立のために人の人生*子供の残りに通知した是非に関して散会しました、そして、その単語の必要な*ホスピスは死を関連づけました、そして、抵抗感覚で*経営資本を集めるのが、難しなどだったかどうかなどの問題は上昇しました。
Execution議長市の純粋な1元の大阪の一般病院のサブ指導官は、「大国は、ホスピスへの理解が深まったなら設立を目的としながら、起こります。」と予想していました。

(2009年10月20日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


薬食審・第二部会 シェリング・プラウの抗がん剤の剤型追加などを了承 »
« 「がん治る」 高速水着素材使用商品 薬事法違反の恐れ