「がん治る」 高速水着素材使用商品 薬事法違反の恐れ

「がん治る」 高速水着素材使用商品 薬事法違反の恐れ

朝日新聞を調べるので、高速水着の材料を発生することによって知られているゴム材料製造業者「山本化学の産業」(本部と大阪市生野区)の製品「バイオラバー」を使用する商品を販売していたトレーダーが、「癌は回復する」というなどと効果を述べていたのが理解されます。 Health大臣の賛成は受け取られていません、そして、バイオラバーによる言われていて、専門家によると、販売が活動させるそのそのようなものが薬事法に違反するかもしれないということです。 捜査権限も販売の現実を調べています。
それは健康記事販売会社です。それによってわかる東京が、「癌の治療は有効である」という本部などがありました、そして、いつを販売して、朝日新聞はそれを調べました。 同社は、東京店以外に大阪と京都などにはいて、定期的にバイオラバーに関する「状況説明」のガイドをホームページに任命していました。 バイオラバーも導入する1ページがありましたが、それは現在、削除されます。
状況説明では、それが説明すると言われていて、この販売会社担当の人は「バイオラバーが遠赤外線を出します、そして、癌を制御するという効果がある」というなどです。 , そして、バイオラバーを使用したマットと最も良いなどの商品を販売しました。
Health大臣の賛成は、必要であり、人体に影響を及ぼす医療機器を販売するとき、薬事法への効果に関する各記事に備えます。 承認のアプリケーションをするという効果は厚生労働省の系列協会で調べられます。 非承認の効果を述べる販売が、禁止されています。
薬事法に関する通じているminekeihare弁護士「それは、明らかに承認を受けずに’癌は回復します’と説明する薬事法の違反です。 確実に’健康になるのでありたいと思うこと’の人の願望を誤用できます、そして、それは消費者と比べて誠実な販売政策ではありません。 」それは批評します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子どもホスピス 日本にも」 »
« 医薬品混入「がんに効く」豆乳販売の業者