足利事件弁護団の渋川弁護士 がんと闘い再審へ

足利事件弁護団の渋川弁護士 がんと闘い再審へ

再試行公衆で癌と(63) 潔白な再試行が足利出来事のため確実であるというsugekeriwaのトライアルと戦っている間にそれに面している被告側の弁護士のメンバーがいます。 弁護士の元県弁護士会議長渋川高尾(59)。 血液と無期懲役刑務所であったsugekeの後に7月に判明する癌の「悪性リンパ腫」は再のDNAタイプ裁判官の不一致のためそれをリリースします。 抗ガン剤処理のためにそれを入院させて、宇都宮地方裁判所と宇都宮地検の3者協議に参加した8月に許可からの行くことを得ました。 扱い続ける渋川弁護士は、人の目的を更新しています、「sugekeが望まれている再試行公判になって、癌との戦いを制御するためにその人のベストを尽くしたいと思います」と言って。
「痛みはのどを走らせます。 それは扁桃炎ですか?」

それはおよそそうです。ボディーの偶然に気付く4月に。 首のリンパ節を膨らますのが宇都宮都市の病院で耳鼻咽喉科の博士によって指摘されて、同じ病院の専門家が相談される、医師、すぐ。 それは徹底的な検査が終わった7月に悪性リンパ腫と診断されました。 「私は癌でした、そして、それは正直に理由を思いました。 また、それは先で重要な再試行を公共のトライアルにします… 」

日本弁護士連合会が2001年5月に足利出来事の再試行サポートについて決めたとき、渋川弁護士は、Yuji Sawada弁護士(県の弁護士会)と被告側の弁護士に加わりました。 「’ローカルの弁護士’と日本弁護士連合会からの要求がありました、そして、それは県の弁護士会から推薦されました。 最初に、当惑しましたが、だれかがするべきです。 」

疑問は出来事に関する裁判記録を読んでいる間、sugekeと客観性証拠の「自供」の矛盾にますます強くなりました。 それは何度か役立たれているsugekeを無期懲役刑務所であるとみなします、そして、「だれが事件を起こすかをそのような人でないと考えることができます」。 「それが硬化剤ディフェンス活動にかかわった、 sugekeがリリースされて、私が助けることができなかったAfter6月が被告側の弁護士会議と点検と悪い健康によるインタビューで休んでいるという潔白な印象、」 抗ガン剤処理を受けるためにそれを8月の始まりから9月の終わりまで入院させます、そして、今、ペースで抗ガン剤のしたたりを3週間に一度受け取ったことがあります。 副作用は強いです。 「哲学は生死を見ている間、変化しました。 それが病気になったので、私は強く望みを感じました、そして、sugekeを見つけるのが、可能であったnakattaがどれほど苦痛であるという願望をしたか、またはそれは更新されました。 」

牽引力の処理の効果は展開した後に、ワークロードが減少しましたが、現在リンパ節を膨らますのからもたらされました。 21日の再試行第1公判に関して、それはHiroshi佐藤sugeke弁護士、主任弁護人他、および法廷に入る予定です。 「地方裁判所は足利出来事の誤りを繰り返さないので、再試行公判で原因を明らかにする訴訟指揮をするべきです。 それは司法の信用回復に通じます。 」。渋川弁護士は自己の病気を克服した強いトーンで上告しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医薬品混入「がんに効く」豆乳販売の業者 »
« 初の肉腫診療グループを設置…国立がんセンター