ピンクの「金魚」 乳がん検診呼びかけ

ピンクの「金魚」 乳がん検診呼びかけ

ピンク色の金魚ランタンが18日に柳井市のShuto総合病院によって飾り付けをされて、記念を発表したところに写真を撮ってください、「Maguchiは」 乳癌などの早期発見と早期治療の重要性を呼ぶ今月早くても間のリボン月を突きます。

乳癌から作られた市民団体「ピンクのミーティング」は、人を経験しました、そして、ローカルの医療関係者は、初めて、計画していました。 ランタンがもっともピンク色の和紙で都市の名前を記念する江戸時代に元々同じ都市に広げられた民芸から作られた871金魚は赤でした。 病院の1階の床と通路などの天井は飾り付けをされました。

「早く、後悔されていた状態で診察を受けるだけでよかった」ときそれを言って、乳癌6で手術を受けたこのミーティング代表と半分が何年も前に、に沿って発見が痛みが乳を飲みながら気付いている間、起こるまで診察を受けずに遅れた利益があって、変える富士絹山の広見(51)。 「創造者の願望が自らを黙らせたランタン。 それは、ピンクのリボン運動の円が広がるのに祈ります。 」それは呼びました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


初の肉腫診療グループを設置…国立がんセンター »
« 「がんに効果」医薬品を無許可製造の疑い