市民公開講座:「より良いがん医療」 ホスピス研究会主催--岡崎「りぶら」 /愛知

市民公開講座:「より良いがん医療」 ホスピス研究会主催--岡崎「りぶら」 /愛知

癌の医療の関係と人生について考える市民団体「ホスピス社会岡崎」後援の「国民公開講座」、「話されているより良い癌の医療においてすべてがOkazai市のライブラリ交換広場によって開かれる、「Ri、」 25番目のインチの午後1時30分に。 参加は無料です。
この社会は、付く連続したコースを開催して、癌患者と医療関係者でひざを合わせて、5月に4回真意に関して話します。 それは今回、この社会転機の設立の10周年として開きます。 マユミ野田元一Suyamaディレクターと千葉県のがんセンターの相談は県のがんセンター愛知病院でコンサルタントを支持します。他はパネリストに招待されます、そして、医療の、より良い癌のなどに関して、当日に関して話されます。 容量は150人です。 問い合せはホスピス社会岡崎(0564・26・5787)です。 【ユタカの佐野】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに効果」医薬品を無許可製造の疑い »
« 「がん誤診で肛門摘出」、宮崎大に損倍3500万円提訴