「がん誤診で肛門摘出」、宮崎大に損倍3500万円提訴

「がん誤診で肛門摘出」、宮崎大に損倍3500万円提訴

医師が働く前に、検査結果の確認を無視したので、それが直腸癌ではありませんでしたが、必要性のない肛門(請われる)摘出手術を受け取って、宮崎地方裁判所における宮崎大学のために20日までに(53)の上告が約3500万円のどの損害賠償から引き起こされた宮崎市の自営業の男性を要求したと思われました。
陳情に応じて、男性は3月に宮崎大学病院に入院します。 誤診しました、そして、医師は直腸と肛門の除去術をしました、「それがすぐ上がっていたので、癌は、保つのを避けてばっかりいて、肛門の全体のtsuを作動したかもしれなく」て、もっとも、癌が点検で確認されなかったと言って。その人。
癌は直腸、作動した後に、点検のために免職された肛門、および医師から確認されません: 男性に。 「それは残念です。 癌の確診は医師で出かけていませんでしたが、それは意見で診断結果に分割されます。 」説明で。 男性は、不便が人工肛門によって人生で強制されてしまうだろうと言います。
病院は、「事実関係が医師から確認されます、そして、通信は調べられます。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


市民公開講座:「より良いがん医療」 ホスピス研究会主催--岡崎「りぶら」 /愛知 »
« 「子どもホスピス日本にも」…創設者が重要性訴え大阪市でセミナー