骨肉腫と闘う:/12 感染防止でベッドにくぎづけ=社会部・佐々木雅彦 /大阪

骨肉腫と闘う:/12 感染防止でベッドにくぎづけ=社会部・佐々木雅彦 /大阪

薄くなったなら、それぞれの周囲の筋肉の骨の出っ張りが切除されて、手が付けられなかったので、私の左足は動きませんでした。 リハビリテーションの目的が人工関節が外れるのを防ぐために筋肉を脂肪にすることであり、両方を可能にするのはウォーキングを急いで歩きます。
初日にリハビリテーションはクールな2番目firstParallelバーがリハビリテーション部屋で理学療法士の指導を受けている間につかまれる1週間の2月24日です、そして、立ちます、そして、それは右足だけで進みます。 それはほんの約20分のトレーニングでした。 それは大学時代に柔道の筋力トレーニングと異なってどっかと座るまで行われなかったことのいずれかであるように思えます。 それでも、ボディーを動かすのは、快適です。 松葉杖は2番目の次の26日間に試されます。
精神的に積極的になりましたが、白血球の数は、翌日、27日に1/4の正常値と下限を減少させました。 骨髄の造血機能を妨げた抗ガン剤「骨髄抑制」の副作用は現れました。 感染しているのが簡単になって、孤立対策は実施されました。 ベッドは、空気中でバクテリアを吸入しないようにカーテンで覆われていました、そして、エアクリーナーは操作されました。 マスクは着けられていました、そして、ベッドを出て、白血球の増殖を押した薬はいつかを注入されました。
また、松葉杖の習慣は中断します。 リハビリテーションを受けると言われても脚がベッドの上に動かされるので。 それは狭い空間に閉じ込められました、そして、本質は滅入っています。 <社会部とMasahiko佐々木(44)>

毎日新聞2009年10月20日地方版

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


高速水着素材バイオラバー「がん治療に効く」 違法販売業者を立件へ »
« がんを生きる:/48 大隅さん夫妻/中 最期まで「ありがとう」と /大阪