がんを生きる:/48 大隅さん夫妻/中 最期まで「ありがとう」と /大阪

がんを生きる:/48 大隅さん夫妻/中 最期まで「ありがとう」と /大阪

大阪市阿倍野(41)=区=1月のKenji Osumi tsumayaeko、’胃癌が見つけられた05′にはそれがあります。 それは最もたくさん進歩をしている間、肝臓に転移しています。 薬剤師として製薬会社で働いている間、抗ガン剤を扱い続けたYaeko。 11月に開腹手術を受けましたが、新年以前再びそれを入院させました、そして、それは戻って、一度家へ帰りました。 それは1月23日、’06フィートで戻らなかった人になりました。 37歳でした。 それが痛みによって攻撃されましたが、Yaekoが死まで望みも明るさも失わなかったと言われています。
-

死ぬ数日前に、YaekoはKenjiに言いました。 「I: 私は癌にかかりましたが。 損をしてください。1nothing.Oppositely、多くのものを手に入れました。 」と。Kenjiは言います。 「病気になる前に、謝意は互いに忘れられました。 それが2人で病気になることによって会うことができることであり、その結果、毎日両方を費やすのにおいてどれくらい歓迎されているかが理解されるか否かに関係なく。 妻は、1番目のうちの1日に’ありがとうございます’を積み重ねて、生きました。 」

Kenjiは、だれが感謝の言葉を残して、死後であるとき、ターンしたYaekoの妻に代わって病気に対する戦いを支持したかを人々にとっての謝意に言いました。 挨拶が終わったときKenjiの心で開かれて、pokkariは掘られました、そして、49番目は終わりました。 「病気内部に対する戦いは、家族を合併して、癌と戦います。 それが苦痛であるか重大であるとして思った余地がありませんでした。 例外がありました、そして、また、奇跡は起こりました、そして、それはそのように信じていました。 」Kenjiと共に。 「それは言われています」

Kenjiは、その時通勤している間、信号の待ちをして、時折私がなぜ突然ここにいたかを理解していませんでした。 思い出のアルバムはひっくり返されました、そして、検死の世界について表現した小説と宗教に関する本は読まれました。 分かった後に、Yaekoによって準備された夕食は、癌によって全く準備されませんでした。
「I1は薄く置かれたフィルムに残されているところ」では、私は、それがだれと共に話さないかと思います。 そのような毎日は1年間の半分の間、続きました。
-

「それはそれのようにそれを意気消沈させる無駄です。」 「「人生のリレー」は、癌患者がいるKenjiがそのように思うようになった夜通しを歩きながら、つながりました、そして、癌の撲滅の貢献を集めたイベント「リレーフォの寿命」を知っていました。」 合衆国の医師が1985年に始めたこの出来事は、9月(’06フィート)に茨城県の筑波都市で初めて、日本で開催されるでしょう。
Kenjiはすぐに、ボランティアに申し込みました。 「(支持された人々への) 感謝の言葉は伝えられましたが、私はまだ気持ちを返していないかもしれません。」 「私はそのようにような気分でした。」 【hayashiyukiko】

==============

意見と普及: 毎日新聞大阪支店(06・6346・8444をファックスで送っていて、 at‐osaka@mainichi.co.jp にメールする)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫と闘う:/12 感染防止でベッドにくぎづけ=社会部・佐々木雅彦 /大阪 »
« 新素材「がんに効能」で3人逮捕 京都府警、薬事法違反容疑