新素材「がんに効能」で3人逮捕 京都府警、薬事法違反容疑

新素材「がんに効能」で3人逮捕 京都府警、薬事法違反容疑

高速水着の材料を発生することによって知られている山本化学の産業(大阪市)の製品が歌われて、それを販売して、京都県警生活環境課が20であると思われます。 店による捜されて、(33)の場合の合計で山本化学の産業の2 3人の関連会社従業員の逮捕が神戸市のHigashi-Nada区と等しいということでした。マネージャ吉川の由美を疑ってください。 = 薬事法違反の疑いで京都健康な記事販売会社「壮快な薬」(東京)駅の店(京都市Shimogyo区)について。
バイオラバーと呼ばれる特殊材料を使用するのは、マットと売れていたベストです。 それは国の承認が医療機器として受けられていなかったので、医学の効果を述べた販売が、禁止された製品でした。
疑わしい吉川以外の逮捕者は**丸パンの=大阪府東大阪市です。= 神戸市のHigashi-無区=。 京都駅の正面で店で商品説明を担当していたビーチtanitakashi疑わしい(53)のUryu容疑者(59)。
県警に従って、3人は容疑を否定します。 県警は、壮快な薬の本部と山本化学の産業が事情を知ったかどうか調べます。
「薬事法に触れる(会社としての)販売体制をしない」で山本化学の産業のMasahikoモリモト会社役員について「弊社の従業員は、癌が有効であると説明しないこと」は、適用範囲の壮快な薬です。
4月18日であるとき、逮捕の容疑は店の説明としてそのようなものの疑問であり、女性(44)にとっての、前の京都駅、「癌細胞のコントロールの効果、緑内障を治療して、および白内障がある」、および販売はバイオラバーの2(51万4200円)最善です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/48 大隅さん夫妻/中 最期まで「ありがとう」と /大阪 »
« 新素材「がんに効能」で3人逮捕 京都府警、薬事法違反容疑