がん効能うたい販売容疑 京都府警が家宅捜索

がん効能うたい販売容疑 京都府警が家宅捜索

速水着の材料を発生することによって知られている「山本化学の産業」(大阪市生野区)のその中古の製品「バイオラバー」を商品に販売した健康な記事販売会社(東京)が、説明したという疑問が「癌で、働いていた」というなどと効果は強くなりました、そして、事情が薬事法の違反の疑いで販売会社に関するパーティーから聞かれたように、京都県警は、20日に調査し始めました。
バイオラバーに関して、薬事法における厚生労働省の承認を受けたというものではなく、この省も事実関係の確認を始めます。
それはマットと販売会社の従業員が使用した中で最も良いものにバイオラバーなどを売る消費者のための状況説明です。 , そこ、調査などに関連する人に従って「バイオラバーは遠赤外線を出します、そして、癌を制御するという効果があります」と、疑問が説明するということです。

「薬事法と衝突する可能性があるとき、ポイントは受け取られています、そして、販売は商品ですが、自発的に制御されて、バイオラバーを使用するのを販売したということです」があるレポートは8月の同社の材料を処理した販売会社から来ています、そして、人によると、出荷が山本化学の産業を担当して止められたと言われています。 他方では、販売会社のパブリシストは、「事情は、初めに8月の京都県警による薬事法の違反で尋ねられて、旬のときに同じくらいから販売を中止しました。」と仮定します。

(それは18時に読売新聞です: 2020年10月1日、2009)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


甲状腺がん克服“奇跡の歌声” »
« 「がんに効く」と違法販売容疑で捜索