「あきらめない」を歌声に がん克服のテノール歌手・べーさん 21日北九州市で公演

「あきらめない」を歌声に がん克服のテノール歌手・べーさん 21日北九州市で公演

アジアの歴史で最も高いテノールと呼ばれているのが、(40)が甲状腺癌による復活を実行する、厳しいリハビリテーション、および後それのリターン、最初の日本人がツアーする開発されるのと損失のtabe chechoruであるということであった歌声は開発されています。 21番目が尋ねられて、願望が歌に置いた北九州市の音のホールによる性能がさんに尋ねられた、存在
- 「日本のサポートのために感謝したいと思う」一問一答。 ”

‐日本で作動して、声が取り戻される気持ち。
「それがどんな声であるかと思う間、操作が終わるとすぐに、6カ月ぶりに出かけるのは、’輝いていた日に見上げること’を賛美歌に歌いました。 再びメロディーを演奏できた喜びは、しんが全くなくて、それはほのかな歌声に少し失望していましたが、より大きかったです。 現在、それは再開であると私を説得されました。 」

‐それは最大約3年間リハビリテーションを受け続けたように思えます。
「私さえ毎日、困難でした。想像可能でない。 続行を話すことができたので、自国の韓国で声楽を学んだ学生への指導は2時間か3時間個人的に毎日に備えて訓練しました。 基礎から再び上にすべてをしました。どう意見と間隔を述べるかほど取る方法。 大観衆で鮮やかにオペラを発表していた私の歌声はヘッドに残っていますが、そのような声は高くしていません。 私が精神的に調節するということでした。最もたくさん掛かっています… 」

‐願望がツアーに置かれるのを聞かせてください。
「日本は2番目の人生の出発地です。 再び私のための絶望のプールの中のステージにそれを返した日本でそれを支持する人に感謝したいと思います。 ‘人々はメッセージを置くためにことになりたがっています’。Musicに人生’得ることは疲れさせ’て、もっとも、かみこなしている間、上手に歌うことができる喜びが、そうでないと言われるために、歌声をまだ完成させてください。 」

== 2009/10/21のdukinishinihonshinbun朝刊について

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに効果」とバイオラバー販売=医薬品会社店長ら3人逮捕-容疑を否認・京都 »
« 乳がん予防 桃色金魚も一役