エムズサイエンス、単純ヘルペス利用 がんウイルス療法で特許

エムズサイエンス、単純ヘルペス利用 がんウイルス療法で特許

創薬ベンチャー(神戸市の中央区)のエムズ科学が作られている特許庁に弱い毒を当てはまった1回の単純ヘルペスのウイルス型”HF10″を含む単純ヘルペスを使用した癌の治療のための特許は承認されました。
HF10は名古屋大学大学院薬のシステム研究科ウィルス学の西山sachihiro教授が発見した弱毒性とわずかな副作用を伴う単純ヘルペスウイルス変異ストックです。 反腫瘍(腫瘍)の顕著な動きはいつ、HF10があるかが癌に局所を注いだのが示されています。 エムズ科学は作成のライセンスをビジネスに習得しました。
抗腫瘍作用があるウイルスは呼ばれた「腫瘍溶解性ウイルス」です、そして、治療法は「癌のウイルス治療」です。 HF10は、多くの腫瘍溶解性ウイルスが遺伝子を変える組合と外来遺伝子を挿入しましたが、全く人工遺伝子操作をしない自然発生型のウイルスです。
単純ヘルペスウイルスがほとんどの人が遺伝子とタンパク質レベルで成長することによって感染しているなじみ深いウイルスでヒト細胞との相互作用について研究することによって容易に新しい薬の創造に通じると言われています。
この治療法の特許は合衆国で既に承認されました、そして、toukubi(軽いKei)癌で意図する最初の局面の臨床試験は現在、合衆国で実行されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療ナビ:がんの個別化治療 遺伝子検査で薬剤の有効性判断。 »
« 米長さん闘病記が好評 中高年の必読書「癌ノート」