米長さん闘病記が好評 中高年の必読書「癌ノート」

米長さん闘病記が好評 中高年の必読書「癌ノート」

作者と米国が連続のコラムの(66)をnagakunioする「癌の注意」、「Sebundeizu、」 記録されたこの紙では、自己の前立腺癌の病気に対する戦いは発行されて、それは話題になります(ワニの本【PLUS】新しい本と798円)。
それは、去年の春に賢人が受けた永久的な**であった日本の将棋リーグと米国ヘッドについても議長に前立腺癌の告知を作りました。 事実が自供される、「Sebundeizu、」、現在、処理を受けました。
この本は「手で米国頭部スタイル前立腺癌に最も良いです」。 「副題。」 米国ヘッドは問題からそれを率直につづります。セックス尿は患者のさまざまな治療法さえの見地であり主治医のこれのテツオAkimoto東京女子医科大学の准教授が特別な説明を加えている場所を漏らせます。 それは患者が適当の前立腺癌のマニュアルです、そして、共同研究、およびそれが言われていて、いることができるように思える医師は、必須が中高年を読むという「可能性」を持っている男性の本です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エムズサイエンス、単純ヘルペス利用 がんウイルス療法で特許 »
« PSA検診で前立腺がんの死亡率低下―日本泌尿器科学会