PSA検診で前立腺がんの死亡率低下―日本泌尿器科学会

PSA検診で前立腺がんの死亡率低下―日本泌尿器科学会

「総改正が前立腺特異抗原(PSA)診察を推薦しない研究が分類する厚生労働省の前立腺癌の診察に関するガイドラインに必要です。」 「1 大きい群馬の薬システム研究科泌尿器科研究大学院准教授の伊藤がそれを指摘したので、7番目の日本の泌尿器科では、社会は、10月20日にセミナーを押します。」 「最も良い前立腺癌の診察システム」の申し出が高度であるので、それは考え、現在のこの学術団体で「PSA診察は強く推薦される」、および「前立腺癌の診察ガイドライン(2009年の補足バージョン)」の編集作業で立ちます。
08で集められた、厚生労働省の研究グループ、PSA診察がある「有効性評価に基づく前立腺癌の診察ガイドライン」では、想定されて、前立腺癌の死亡率を減少させるという効果があるかどうか判断するその根拠は、不十分です。 **任意のタイプ診察が推薦しなかったように、それを実行するとき、手段が現在のところの不確実な状態で効果を含む不都合に関する診察と過度の診断をタイプするとき、私は、適切に実行について説明するべきですか?Itはそれを作ります。
伊藤さんはプレスセミナーで「PSA診察は前立腺癌死亡率を20%減少させます」とPSA診察の存在と前立腺癌の死亡率との関係を調べる研究で仮定するヨーロッパ8国の研究(ERSPC)を紹介します。 伊藤さんは、それが仮定した合衆国のPLCOがありましたが、問題がPLCOの被験者出身の段階に存在するように同様の研究で「重要な関係は見られなかった」と説明しました。
さらに、厚生労働省のガイドラインの誤りが根拠として採用された論文が不適当であって、重要であるという論文の解釈で見つけられたと指摘されます。 完全な改正が必要であると強調されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


米長さん闘病記が好評 中高年の必読書「癌ノート」 »
« 大腸がん(上)