大腸がん(上)

大腸がん(上)

外科のヒロユキ診断と処理ディレクターライフスタイルが見直すtomonanobo県の中央の病院の消化器官、診察
数は癌が死因の1日本の位になりましたが、1981年に今増加し続けます。 50歳が通過されるとき、患者の数は急速に増加します。 すなわち、それは言うことができるでしょう。高齢化社会に従った現象。 胃癌はすぐ、引き抜かれます。大腸癌全体で。男女に合ってください。これでは、最高になるのは、期待しています。
..大腸癌。 ..欧米今までのところ富むのは、日本のわずかなものでした。 しかしながら、ハワイの日本人の移民の罹患率が白人欧米と同じレベルであり、レースにかかわらずライフスタイルで世代における大きい関係を持っているのが理解されると思われます。
太り過ぎに関して、あまりに多く、要素、飲酒、および「それは確実である」という加工肉(ベーコン、ハム、およびソーセージなど)は「おそらく、それは確実である」という現在大腸癌にかかるという危険を増加させるライフスタイルとしての要素であると思われます。 他方では、「それは確実である」という要素が防止として動きです、そして、野菜の摂取は「おそらく、それは確実である」という要素であると思われます。 さらに、危険と防止は列挙されます、そして、可能性を列挙してあります。 しかしながら、日本酒、ハム、およびソーセージをあまり取らない細いおばあちゃんは、大腸癌が上手であることが、珍しくはありません。
そして、私がそれを推薦するのは、早期発見のため診察を受けることです。 完全に大腸癌が比較的従順な性格であるので、早期に発見するなら、摘出でそれを治療するのは、可能です。 方法は棒状キットによるサービスを集めるだけです。 負荷はボディーに寄りかかりません。 必ず、40歳を通過するときにはそれを受け取ってください。
しかしながら、進歩癌はこの方法で見落とされるかもしれません。 したがって、毎年あたり1人の医師に相談してください。 最大化問題は、徹底的な検査が必要であっても大腸内視鏡検査を受ける人が、さらに、少しであるということです。 特別な早期発見の機会は逃されるでしょう。
(2009年10月21日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


PSA検診で前立腺がんの死亡率低下―日本泌尿器科学会 »
« ■“バイオラバーのがん効能” 山本化学関連の社員が説明