■“バイオラバーのがん効能” 山本化学関連の社員が説明

■“バイオラバーのがん効能” 山本化学関連の社員が説明

商品についてお客様に説明していた2人が、高速水着の材料として知られている山本化学の産業の「バイオラバー」を使用する商品が、「癌のための仕事」として不法入国者に販売される出来事による山本化学の産業の関連会社の従業員であることが理解されます。

わかりました。管理された関連会社、それ、2人の逮捕された講師が会社の従業員ですが、京都県警による、「ha、kyuri-zuguru Pu、」 . 山本化学の産業の社長、同社、販売会社のマネージャ

逮捕された2人がホームページを始める、ha、kyuri-zuguru Pu、もっとも、合衆国などに承認を癌の治療学協会で置くのによる貧弱な疑問が医療機器として「そこに、癌細胞を制御するのが効果があり」などに国の承認を受けていないバイオラバーとお客様を使用する最も良いなどに関する説明を販売するということです。
そのうえ、私は、そのような研究結果が去年の10月に大阪府によって見られるように山本化学の産業のホームページにリンクを置くことであり、改良が誘導されていたのを見ます。
山本化学の産業の従業員の参加を調べる警察の計画は、調査のために容疑を否定することです。
(10/21 19:13)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がん(上) »
« 「自分もがん」の母親、白血病の長女刺殺