「自分もがん」の母親、白血病の長女刺殺

「自分もがん」の母親、白血病の長女刺殺

病気の長女が刺されたと思われて、警視庁竹のtsukashoは21日の殺人未遂の疑いで東京足立ウォードの西イタリアkyou(shiikou)の失業していて怪しいMiyoko田中(77)を逮捕しました。 死が輸送の目的地の病院の長女に確認されたので、同じ警察署は、殺人に切り替わって、調査されています。
逮捕の容疑が田中が中のPettyナイフ(12センチメートルの刃)が1階の日本間の家にある(53)が家へ帰る、失業者の長女と広見の首を刺したその容疑者であると思われる、半分、午前6時、同じ日。
容疑者の田中: 同じ警察署によると。 「娘は白血病のため数年間定期的に病院に行きました、そして、また、私は、4月に乳癌で手術を受けました。 それは将来を悲観しました。 」容疑は言われています。入場。
2広見がある同じ警察署によると、田中が生活であると疑ってください。 夫は5年前に失われて、それが年金生活であったと言われていますが、2人の治療費が25総歳頃にかかる貯蓄を1月あたり30万円深く切ったと言われているということです。 同じ日に約15分午前7時に荒川区に生きる怪しい田中の兄、「妹『子供は殺されました。 また、私は死にます。 』言ってください。報告してください。提供してください。. . 職員. . 秋それが広見にあった、..discover.Suspect田中が言う広見への余地の..turnを走らせてください。
怪しい田中は、これまで不安を環境に漏らしたとても多くのものを持っていないように思えました、そして、「しばらくそれは目標namonoですか?」と、調査に関連する人は話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


■“バイオラバーのがん効能” 山本化学関連の社員が説明 »
« 金沢区薬剤師会、疾患別に薬剤師育成-がん分野の講座開始