「がん効用」バイオラバー全国で販売 消費者庁に通知…警察庁

「がん効用」バイオラバー全国で販売 消費者庁に通知…警察庁

それが高速水着の実質的な発展で知られているそのなどが製品の広告を出した「癌のための仕事」「山本化学の産業」(大阪市生野区)に販売されたと思われて、同社は出来事による21日の販売会社のスタッフなどのその3民族が薬事法違反の疑いで京都県警によって逮捕された全国的な様々な場所で警察庁への活動を販売にしています。 損害が広がるかもしれないと思われて、通知されて、消費者代理店は消費者安全方法を基礎づけました。
それは、癌で働きながら広告に掲載された県警の発表に従って「バイオラバー」と呼ばれた山本化学の産業が、発展したという特殊材料のベストとベルトです。 これ、会社。社長。社長。役立ちます。販売会社。販売員。講師。健康。記事。買い物をしてください。続いてください。来てください。お客様。癌。セル。制御してください。導入します。売れてください。疑問。

それは、約8人の販売専門のスタッフのha-kyuri-zu社における、逮捕されたスタッフの証言によって合計で在籍していて、秋田県や山口県などの全国的な様々な場所を訪問して、販売に活動をしたために判明します。 警察庁は、癌における様々な場所とそれを販売することにおける、効果の広告の疑問が強くて、通知への外で進水すると仮定しました。 消費者代理店は、将来調査を始めて、注意の目覚めと行政処分を人々に調べるでしょう。
(2009年10月22日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


金沢区薬剤師会、疾患別に薬剤師育成-がん分野の講座開始 »
« 県立がんセンター採用試験でミス 静岡