ウイルスで感染 子宮頸がん ワクチンで予防を

ウイルスで感染 子宮頸がん ワクチンで予防を

また、子宮頸(Kei)癌の予防ワクチンは日本で承認されました。 原因は、分かって、あります。ワクチン接種がウイルス感染と共に広がっているなら癌の発生が大いに減少できて、もっとも、10代の女性が数個にかかる癌には大部分があるのは、予想されています。 死ぬか、または子宮に負ける悲劇が、結婚前と減少するとき、10代の前半に女性のために優先的に公費でワクチンを予防注射する必要性に、関連する社会は魅力的です。  (野村祐美子)

子宮子宮癌は、ちつ(ちつ)に接続された子宮の癌の人工の入り口(頚)の部分です。 1年あたり1万人以上は大いに掛かっています、そして、女性の癌で乳癌を継ぐと推定されて、3,500人以上は死にます。
ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)のウイルスによって原因は感染です。 100種類以上のHPVは皮膚と粘膜にあるウイルスであり、普通であり、存在しています。 約15種類がこれらの中で子宮子宮癌発生を引き起こすのが理解されます。 癌が胎内をした子宮ボディーは別のものです。完全にホルモンの変化が関係づける癌。
HPVはセクシュアリティで主として感染しています。 80%以上の女性は人生で感染していますが、ウイルスは免疫などで90%で見えなくなります。 しかしながら、感染が続くとき、部分は、前癌の状態を作り始めます。 それはそうではありません、そして、段階では、診察で自覚症状を発見するのは、重要です。 進歩をするとき、不正出血や性交出血などの自覚症状は起こります。
それは最初の処理を作動させます。 前癌の州のなどが早期に発見できるなら、子宮の機能は、およそ100%の回復と薄く癌部を切り取ることによって、台無しにされません。 操作を抗ガン剤に結合する処理、および照射なども: 健康な組織に進歩をして、増殖するとき。 5番目の年生zonritsuは次第に落ちます。 子宮摘出は避けられません。
感染以来癌にかかるために、ディレクターの**コニシ京都大学の人生の日本人の産科婦人科学協会教授の常務のものに従って、それは約10年間でありました。 = また、性的な経験の低年齢化があって、10代までに病気の数個の癌の外観が顕著であるところでグラフ化してください。 「そのうえ、若い世代で急速に増加する癌が全くありません。 結婚する前に、苦しむのが、nakotoにまさしくそのショックであり、それは出産します。 しかしながら、それはワクチンで防ぐのにおいて可能です、そして、早期発見でほとんど全快します。 」それはそれを強調します。
-

100個のワクチンが、2種類開発されて、2006年に合衆国で承認した後に、現在、それを予防注射しています。
それは16日にただ正式に承認されました、そして、80%の子宮子宮癌のタイプに10代に引き起こされた2は、完全に日本でほとんど感染した数個であることが阻まれます。 産婦人科と小児科に従って、それは、12月以降にそれを予防注射する予定です。 ワクチン接種3回が必要です、そして、以下かかってください。 3と約4万円。
承認で感染する前に、免疫が組み合わせで容易に取得される日本小児科学会11の日本産科婦人科学会、日本の婦人科腫瘍(腫瘍)学術団体、および3つの社会が16番目ですか?Itは優先的にそれを14歳まで予防注射して、公費負荷が要求された声明を出すことが強く勧められました。 副作用は注射部分とclear weather、etc.15の痛みです–また、45歳の女性がそれをできるだけ予防注射するのが推薦されます。 ワクチン接種の害は妊娠している間報告されませんが、妊娠している女性はそれを避けるべきです。
それを予防注射した後に、すべてのタイプのHPV感染症がこのワクチンで防ぐことができないので、定期的な診察が必要です。 それは20%が現在学術団体で改良で自治体診察で平らにした受診率を目的とします。
ヒロユキ吉川筑波大学の日本人の産科婦人科学協会教授の常務のディレクターのもの「ワクチンが承認されていても公費負荷が全くなければ、それは広がっていません。 公的支援に入るなら、価格は確実にまた、低下します。 現在、それは女性に優しい国であるかどうか尋ねられます。 」それは上告されます。
分野丘と分野日本の小児科学協会の指導官の大きい教授が話しているめぐみ軍事医学、「なじみ深くなって、深い小児科医は、また、両方のワクチンについて親子に説明して、ワクチン接種に貢献したがっている」の章。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立がんセンター採用試験でミス 静岡 »
« 乳がん撲滅に自販機が一役 キリンビバレッジ