がん治療施設の建設求める発言大勢 中止すると42億円の賠償

がん治療施設の建設求める発言大勢 中止すると42億円の賠償

双方が都市と構造物に要求された見地からの22日の参事会の財政的な福祉委員会、注意では、議員は河村名古屋市長が持っていたtakashiが冷凍を宣言した「陽子線癌の治療施設」の多くの人々を専念させました。 工事が中止されたなら最も低かったとしても42億円の損害賠償の補償がトレーダーによって要求されたとき、都市は、それをはっきりさせました。
Yuichiの田辺(公正)質問は答えられました。 9月の終わりに装置のデザイン、生産費などに42億円費やされて、判例から要求されるために同じ量であるといかにも思われたトレーダー。
粒子線ヘルス・センターと俊昭横井(自民)が強調する兵庫県を点検したYoshiro渡辺は、陽子線を十分扱うために劇的効果と利益を取ることができます。 指摘されて、指摘されるという「それはそうでしたことでした。「人生インチの問題に経済効率をもたらします。」

東海の地域の陽子線と炭素線には粒子線施設が全くありません。 都市以外に個人的なトレーダーはObu市での工事を目的としますが、プランは資金難から進められません、そして、県はサポートについて決めました。 横井さんとShin吉田(民主的な)岐阜、要求が統一調整に協力してばっかりいたなら、三重県、および県がある財界のように。
また、「個人的な見解」、癌の処理薬でそれと局の3田の竜の病院の指導官を解雇した後に:「それは都市の地図を知っています、そして、また、訓練しに関東と関西に行く医師がいます。 最新の医療設備は単なる箱1ではありません。 それはその領域に人を置き去りにすると接続します。 (工事が中止されるとき。)この領域(医療レベル:)は下がります。 しかしながら、2はこの領域に必要ではありません。 」それは説明しました。
河村市長は冷凍について決めています: 「公共の医療は予防医学、非常時、および周産期に集中するべき」に従った意見から。 11月の終わりまでに24番目、および図面の上の8人の専門家によるフォーラムに結論をする政策。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅に自販機が一役 キリンビバレッジ »
« ちょこっとストレスが癌予防