「生きる」力強く あわぎんホール、小児がん患者作品展

「生きる」力強く あわぎんホール、小児がん患者作品展

絵を紹介した「金のリボン心のメッセージ表明」と幼い癌と戦った子供の書き方は徳島都市のawaginホールにおける23日を始めました。 15歳以下で一般的に発症する悪性腫瘍(腫瘍)をcallesする「幼い癌」では、治療法の研究が遅れているという現状です。 メッセージ展示会では、県で成立するのは、サポートの円を膨張させる1回目です。 それは、資金調達が病気に対する戦いで子供のホールの病院を徳島大学で扱うのにそれを使用するように求めます。
展示会仕事は、県の徳島の2人の仕事を含む36ポイントです。 特に、未来のロボット工場を描いたペン画は、特に新進の人の目を引きました。 銭と構成パワー強要しません。豊かな才能について感じます。 (chimitsu)山口県の15歳の少年がベッドに病気に対する戦いで一生懸命描いたのは、仕事です。
画紙の左の半分では、それは、pokkariと空になる空白です。 少年は、絵の完成の直前疲れ果てていたと言います。人生。 仕事名は「私の最も良いあいさつ」です。 「病気の不合理に懇願しながら不完全な残念な始めを余分に和らげるタイトル。」
徳島大学で「7歳は急性リンパ性白血病少年と示されたnakamaと戦った」という病院。それが友人と共にエネルギッシュに、そして完全にプレーした外観を引き起こします。 ..”… 骨髄の後に定期検査を受け取っている間に徳島都市を幼稚園によく行った5歳の少年が、権利を与えられた白血病、「自転車の習慣」のため移植されて、川岸の中の広場の風景を描きました。 病気からの回復の願望は置かれます、そして、望みは生きているところで一生懸命伝えられます。
幼い癌の患者は約1万6000人の全体の国の人々です、そして、1年あたり約500人の立派な生活は無くなっています。 約140人(年度2007現在)は県でも病気に対する戦いです。
また、国立がんセンターの中央の病院の篤Makimoto(42)の小児科医の頭はbihaから来るのによるメッセージ展示会のオープニングセレモニーに町を急がせました。 さん/さん Makimoto「幼い癌のシンボルの金のリボンの承認レベルは乳癌のピンクのリボンより低いです。 まず、私は、多くの人々に幼い癌の現状を学んで欲しいと思います。 」それは話しました。
メッセージ展示会のアフラック徳島支店は後援されます。 入り口は25番目を解放することです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン あなたに »
« 彦根市立病院:「がん相談センター」開設 予約制で無料 /滋賀