磐田市立病院 がん拠点推薦へ

磐田市立病院 がん拠点推薦へ

県のがん対策販売促進会議(..=議長川口のサブ雅俊知事)が23日に県庁で行われました、そして、国は磐田の市の総合病院が新しかったときに、それを推薦するために「癌の診療のための基地の病院」が指定したと決めました。 ここで、アプリケーションは焼津の市の総合病院から動きましたが、推薦は延期されました。
国がそこがある支給が専門家であったので、それが条件を満たした病院を指定するので、どこでも一定のレベルにおける癌の診療を受け取ります。ベース病院へのパリアティブ・ケアなどの全の国と一定のシステム。 県の静岡がんセンターなどの10の病院(長泉町)と県の総合病院(静岡市タチアオイ地区)は、現在、県の中でそれを指定しました。
それは、国でのベース病院の維持インディケータの改正に伴う10月の終わりまでに県から国まで更新するという新しい規定要求事項を満たして、それを推薦しなければならないはずです。
8つの県の2番目の医療の球で条件を満たすアプリケーションは、12の病院です。 これまで、中東についても球にはベース病院が全くなかったので、磐田の市の総合病院の推薦は決められました。医療。
他方では、焼津の市の総合病院は志太榛原医療の球から適用されました。 このYuanに関して、推薦は藤枝の市の総合病院の仕様から原則としてそこで放射線科の地位の医師に加えて1つの医療範囲の1つを仮定したベース病院に延期されました。
(2009年10月24日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策募金を6病院に配分 »
« 鈴鹿中央総合病院を地域がん拠点申請へ