鈴鹿中央総合病院を地域がん拠点申請へ

鈴鹿中央総合病院を地域がん拠点申請へ

県のがん対策販売促進会議(議長は三重大学のatsushisei Uchidaと代表と等しい)が23日に津市の県のホールの労働者の福祉で行われました、そして、鈴鹿の中央の総合病院(鈴鹿市)は、厚生労働省のために特別な癌の医療を提供した「地方の癌の診療のための基地の病院」として新たに推薦されるために決められました。
松坂の中央の総合病院三重の中央の健康は(津市)と南勢Shimaを中心に置きます。 (松阪市) そして、赤十字山田(伊勢市)の病院による三重大学病院と地方版が病院の北西を基礎づけるので県の一般病院(四日市市)、中勢、および伊賀に指定されて、県が県の病院を基礎づけるということです。
しかしながら、北西の地域は、約84万人と共に県の45%を占めて、北で四日市で通院患者の入院患者と80パーセントの90パーセントが居住者であるので、鈴鹿と亀山市の居住者が県の一般病院で患者の80パーセントを占める鈴鹿の中央の総合病院の仕様に申し込むと決めました。 この病院による肺癌と胃癌のため、主として高い処理がなって、永遠のteiruであるということです。制癌剤療法専門家と癌化学療法認識は看病されます。 ..勤勉さ…
(2009年10月24日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


磐田市立病院 がん拠点推薦へ »
« 「がん募金」6億円集まる 島根難病研究所、県内6病院へ配分