「がん募金」6億円集まる 島根難病研究所、県内6病院へ配分

「がん募金」6億円集まる 島根難病研究所、県内6病院へ配分

島根難病実験室は処理のために癌の診断と高度な医療機器気質を支持するために2年間扱っている「がん対策資金調達」の概算分配の量を23日に公共にしました。 22日までに集まる約6億4600万円の6億1000万円は年末までに県の島根の6つの病院に分配されるでしょう。
癌の診療としてベース病院に指定された6つの病院への標準分布の量が7000万円決められた後に、ベースと東西バランスを考慮してそれについて決めたと思われます。 それは県の中央の病院です、そして、健康センターがそれぞれ1億円である島根大学医学部の、付属病院、および浜田の2億円です。 3つの病院(松江市の松江赤十字と増田赤十字)がそれぞれのための7000万円です。
浜田健康センターのなどにおける陽電子放射断層撮影装置(PET–CT)序論と島根大学の付属病院の腫瘍(腫瘍)センター設立は首都の側で支援されます。
資金調達は2007年7月に始まります。 個人は約1196万円でした、そして、グループは約1292万円を描きました。 中国電力株式会社は3億5000万円を寄付しています、そして、企業献金は合計で約3億9000万円です。 県は今月、2億円寄付しました。 販売額の一部を資金調達に割り当てる商品資金調達は、2525万円です、そして、バナナ資金調達は1855万円を占領します。
報告する、松江市である会議に同意する人。 それは来年の目標の7億円の3月まで資金調達に続きます。 資金調達の量の固定は受け取られています、そして、最終分布の量は決められます。 (金鉱Tsutomu)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


鈴鹿中央総合病院を地域がん拠点申請へ »
« ジャズイベントで乳がん検診啓発