乳がん早期発見啓発 白河の市民団体がピンクリボンの歌

乳がん早期発見啓発 白河の市民団体がピンクリボンの歌

乳癌(Masako星野議長)の啓発活動に取り組んだ福島県の白河市について「shirakawaの協会はpinkuribonすること」が歌を完成しました。 タイトルは’要人’です。 ‘メンバーは、ケーキ会社のyutakaの社長の古河による歌だけに白河市の(48)を書いて、構成します、そして、ミーティングは将来歌のCDを生産すると思います’。 また、ピンクのリボンのオリジナルの主題歌も全国を通じて珍しいです、そして、それはミーティングによる「歌の円は白河からの拡大の望みであっ」て欲しいです。

歌は「要人Mamoru ttemasuka」などの歌詞の美しいメロディーに置かれます、そして、「それはあなたの人生世界の1です。」

古河は選別協会が映画館復活を目的としながら行われる「白河のshinemaparadaisu運営委員会」の議長として勤めます。 この委員会による経営委員会、など ..造スクリーンに欲しい「Mayuのスター?」 3月の乳癌のテーマへの”Kokoro”(Masako松浦監督)。 ピンクのリボンの協会の乳癌にかかる星野議長の構成には、選別協会が勢いになる縁があります。
それ自身のケーキのCM歌のなどは構成されました、そして、星野議長は古河から構成を要求しました。 「要人などに対する共感の支援に関するメッセージは置かれました。」と、古河は話します。

星野議長「主題歌が人の記憶に残っていたので、それはそれが歌になるようにそこに持っていただけである考えでした。 それはたいへん感銘を与えられました。 メロディーを啓発活動に投げたいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


慢性骨髄性白血病:「命の薬」不況の影 1錠3200円、患者所得144万円減 »
« 託児付き乳がん検診開始 NPO連携ママ応援 中区