乳がん検査の受診呼びかけ700人行進

乳がん検査の受診呼びかけ700人行進

乳癌試験の相談を求めた「鹿児島の2009年のピンクのリボン」が、主に開かれました。25番目、ウォーキングと健康なチェック経験などで約700人によって上告されるところの早期発見と処理の重要性を鹿児島市の中央の公園。
乳癌は日本人が掛ける20のうちのその1人であると思われます、そして、国は診察が40歳か、より多くの女性から2年に一度受けられることを勧めています。 しかしながら、県の受診率は年度2008に21.1%に残るでしょう。 したがって、NPO法人、「それは、ピンクのリボンか縞(kotowari ko理事長と約20人をjouする)であること」は、毎年、啓発出来事をつかんで、それは6番目の何倍もなります。
患者、家族、および医療関係者はウォーキングに参加します。 それは街でピンク色のシャツ外観などでパレードしました。 中央の公園に、胸部X線写真(X線は胸に関して写真を撮った)経験と丸い車によるも健康なチェックがありました。 理事長(54)が話していたJou、「乳癌でかわいそうだと思うのが自らでさえ減少できるように、年次会議と1カ月の1つの触診を求めたがっています」。

(2009年10月26日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


託児付き乳がん検診開始 NPO連携ママ応援 中区 »
« 乳がん対策訴え300人がウオーク 盛岡