乳がん対策訴え300人がウオーク 盛岡

乳がん対策訴え300人がウオーク 盛岡

早期発見に懇願した「岩手ピンクのリボンフェスティバル微笑散歩」と乳癌の早期治療は25日に盛岡市のセンター地域で開かれました。
今回は最初の把持です、そして、約300人は参加しました。 中では、出発点における盛岡公園、sogu**はiwateピンクのリボンの協会の議長をterasachikoします:「乳癌診察を受けなかったので、死ぬ多くの人々がいます。 そのような状況を変えたいと思います。 」それは呼びました。
ピンクの数がボディーにすり減って、気球を入手した関係者は、あるとき頃に大通りの商店街支出などの中心部に入って、乳癌測定の重要性に懇願しました。 Nashikaoは盛岡市立病院のヤマウチを看病します、また、参加されて、乳癌経験の作者としての散歩が記録します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検査の受診呼びかけ700人行進 »
« 前立腺がん治療でも最善手を追求 米長永世棋聖が体験本