前立腺がん治療でも最善手を追求 米長永世棋聖が体験本

前立腺がん治療でも最善手を追求 米長永世棋聖が体験本

昨年末前立腺癌の治療を終えた日本の将棋リーグの議長の米国のヘッド國央永久的な賢人(66)は経験をつづった「癌(癌)の注意」(税金を含みますワニの本と798円の)を発行しました。 今年、1月からホームページに置かれた注意は、それが通知されて、処理を引き受けた医師の説明がさらに、集められた後に、情報収集と治療法の選択、副作用などに関して修正された加筆でした。 尿の漏出と性機能障害の心配に関する簡単な話がユーモアと共に率直につづられるということでなくなるように、それを満足させてください。
米国ヘッドは、前立腺癌が人間ドックによって見つけられて、去年の春に放射線治療を受けました。 それは活発なShogiプレーヤーであるように思えます、そして、(2つ以上の治療法から選ばれています)長年、あなたを危険にさらすものが、最初の線で存在しています、そして、追求される中で手最も良い姿勢はいたる所で見られます。
米国ヘッド「癌に判決を下されると、皆はためらいます。 それにはマイナスがあるので、あらゆる治療法で、指してください。 (癌を伴う。)嫌なにおいのする、たとえ何があっても、それは、それが不利であるので、既に当然の状況であることを示します。 プレーと同様に他のものを残さないことによって自分で考えたので、さらに笑ったのを忘れないのが、重要であり、それはそれを決定します。 」それは話します。 Tagayatsukasado村上。(..)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん対策訴え300人がウオーク 盛岡 »
« 作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏、前立腺がんを公表