作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏、前立腺がんを公表

作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏、前立腺がんを公表

10月26日のAFP】 音楽の’オペラ座の怪人(オペラ座の怪人)’や、’エヴィータ(エヴィータ)’や’猫(猫)’などの作曲家が25番目とウェバーに苦しんだので、知られているアンドリュー・ロイド・ウェッバー(アンドリュー・ロイド・ウェッバー)(61)のパブリシストが前立腺癌に苦しんだのは、成功確実な公衆でした。
状態は、初期段階に今扱われていて、示されるでしょう。それは年末までに完全なリターンの計画をするでしょう。
ウェバーは多くの人気がある段階で構成を扱っています。 初旬のロンドンの(ロンドン)が公式に発表された’オペラ座の怪人’の続編に今月をなるようにした’まさか、Loveディース’。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


前立腺がん治療でも最善手を追求 米長永世棋聖が体験本 »
« 「ピンクリボンウォーク」に700人参加-戸田市