英作曲家L・ウェバー、前立腺がんの治療中=BBC

英作曲家L・ウェバー、前立腺がんの治療中=BBC

ロンドンロイターイギリスにおける25番目の有名な作曲家とアンドリュー・ロイドウェバー(61)が前立腺癌であることが理解されます。 ウェバーのスポークスマンのコメントは引用されました、そして、BBCは、25日にそれを言いました。
レポートに従って、「アンドリューは、今や治療を受けることであり、戻って、完全に年末までに働いていると予想されます。」と、ウェバーのスポークスマンは説明しました。

ウェバーは人気がある音楽の「ジーザス・クライスト・スーパースター」や「猫」などの作品によって知られています。 最近、「オペラ座の怪人」の「まさか、Loveディース(原題)」が2010年3月にロンドンの公衆に公開した続編は扱われました。
そのうえ、それは、来年のBBCに関するオーディションプログラムで審査員を務めにスケジュールに来ます。
ウェバーのスポークスマンのコメントは得られません。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンウォーク:乳がん早期発見へ 700人が行進--戸田 /埼玉 »
« がん患者支援歩いて考えよう