がん患者支援歩いて考えよう

がん患者支援歩いて考えよう

参加は31日に鹿児島で上げられます。癌患者を支持する出来事「つながりましょう。 人生のリレー」しかしながら、3Itの1つの番目ものの正午は午後7時で鹿児島市のイルカポートの水のフロント公園で開かれます。 オーガナイザーは通例の「リレー散歩」の参加を求めています。

出来事が合衆国の医師が1985年に始めた「リレーフォの寿命」のアウトラインを一致させていて、して、患者、家族、医療関係者、およびそれを支持する人で集まって、交換を深めて、癌の打ち勝つのに願望をつけて、歩くという試み。
市民団体(約50人)と実行委員会(約50人)が県の中で後援していて、それが持っている、以来毎年開くことである「それは、癌のサポートか縞です」2007。 総チームの約44 500人は、昨年のコードとしての5時間つながりながら、歩きました。
それは5の1つのチームの民族以上と共に結団しますが、チームではなく、同等の状態で個人的に参加するのにおいて可能です。 リレー散歩の入会手続料はアダルト500円です、そして、子供は250円です。 そのうえ、癌患者と回復人の応募者の最初の50人にバンダナを贈ります。 それはホールで摩耗します、そして、多くの人々と共に交換作成の機会に行くと言われています。
この他、癌の啓発ブース以外に癌管理に関係づけられたアプローチに利益を寄付するために自由市場と難病などに関係づけられた署名を得るキャンペーンは、ホールで設定上をするということです。
「それは、癌のサポートか縞です」を代表している三好陵「まだ、3番目に年になりますが、癌患者を囲む環境には改良があります。 多くの人々と共に歩いている間、願望を広げたいと思います。 」それは話します。
問い合せ: このグループだけと、(099・220・1888)は火曜日と木曜日の承認=と等しいです。
(2009年10月27日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


英作曲家L・ウェバー、前立腺がんの治療中=BBC »
« 鳥栖に予定の重粒子線がん治療施設、施設名決まる