鳥栖に予定の重粒子線がん治療施設、施設名決まる

鳥栖に予定の重粒子線がん治療施設、施設名決まる

約150億円が佐賀県Tosu市で設立の重い粒子線癌の治療施設プランで始めた総事業費の資本を調達した組織は、民間主導で26番目の計画をします。 ヘッドが「九州の国際的な重い粒子線癌の治療は中心に置く」施設名、2013年の操作における目的、およびそれを完全なスケールにおける始めにするように九州の産業の経済団体の先端と九州経済連合会などの九州の民間企業、商業会議所、連邦、佐賀県、およびTosu市のなどItで決められるように、それは10人で構成されます。 それはその日のうちにTosu市で開かれたこの施設のビジネス推進委員会で承認されました。 メンバーは議長という九州商業会議所と産業連邦の代表と県の商業会議所と産業連邦の代表、九電工、久光製薬、副社長(古河知事)、およびTosu市長以外に9の一時的な連のShingo松尾議長のように施設を建築して、管理する特別目的会社を設立する九州電力株式会社の社長などの10人です。 事務局は特別目的会社で開かれます。
県の20億円に関する補助金以外に財務計画は貢献で約90億円を集める予定です、そして、投資などItで約40億円を集めるのは金融機関から最初のプラン30億でそれを融資します。 50億円は想定されましたが、軌道は修正されました。
他方では、施設を管理した医療管理会社は、一般的な基礎が目的とされた九州が「伝説の国際的な重い粒子線癌の処理基礎」(仮称)になるように名前であると仮定したコネを中心としてディレクターを大学、医療、経済界、当該の管理パーティー、および粒子線治療専門家にして、来年1月に結局の2月の始まりにそれをつく政策について決めました。
起業委員会の古河の知事議長「また、それが厳しい経済情勢ですが、致命的な件に関して分かる、計画と、目立っているグループがあります。 そのような人々(サポート)に理解を予想したいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者支援歩いて考えよう »
« 切除した胃壁を人工シートで再生 埼玉医大、がん手術に応用も